2012年10月11日 (木)

Ustで「一週一読」やりました

昨日の『悠久の詩壇』をご覧いただいたみなさまも

まだ観ていないというみなさまも


本当にありがとうございました。


アーカイブはこちらです。
http://www.ustream.tv/recorded/26045068

番組内「一週一読」で、紹介した本はこちら。



ウンココロ ~しあわせウンコ生活のススメ」寄藤文平・藤田紘一郎 著


文庫版もあるんですよ


アーカイブ後半で、ウンココロの紹介をしてます


ご覧ください


Video streaming by Ustream


こんなのもあるんだ〜



ウンココロ手帖」寄藤文平・藤田紘一郎 著

今度読もう〜

2012年10月10日 (水)

ブクブク交換って??な方へ〜10月のブクブク交換

本日はUstream『悠久の詩壇』第一夜配信!


その中でも取り上げる「ブクブク交換」ってなに??という疑問について、紹介します



ブクブク交換公式サイト⇒ http://bukubuku.net

わたしが初めて「読書ガール」として参加したブクブク交換の様子
http://tcc.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/vol12101129-e85.html

■ブクブク交換とは?
BookとBookの交換 >> 略してブクブク交換。
本と花を交換するサンジョルディーの日をヒントに、名刺を挟んだ本と本を交換する新しい日常の中のエンタメです。

あらかじめテーマを決め、そのテーマに沿った本を各自1~3冊程度持ち寄ります。
(本には名刺を挟んでくださいね)
そして持参した本を自らプレゼンします、本について熱く語ってください。
(プレゼンと言っても堅いものではなく、この本のここが好きなの~、こんな本があるんですよ~、という風に気軽に話してもらうだけです)

プレゼンが終わった後は、お待ちかね本と本の交換タイム。気になった本を交換しあいます。
プレゼンでは聞けなかった話もさらに聞けたりして、みんなでわいわいがやがや、自然と交流が生まれます。


■ブクブク交換の楽しみいろいろ
・テーマにあった本を選ぶ楽しみ
・本を人前でプレゼンする楽しみ
・人のプレゼンを聞く楽しみ
・本を交換する楽しみ
・交換した本を読む楽しみ
・読んだ感想をツイートしあう楽しみ
・本から人柄に触れる楽しみ
・名刺交換で出会いの楽しみ

ブクブク交換の楽しみは無限大!


とっても気軽に楽しめるブクブク交換。


開催情報は公式サイトまたはTwitterで#bkbkを検索してください。


☆10月 今後の開催情報☆
10月11日(木)19:00 大宮@Burger’s Cafe Beach Story
10月20日(土)16:00 京都@ItalGabon
10月26日(金)19:00 渋谷@HINT7(ハンズカフェ)
10月26日(金)19:00 新宿御苑@ROSSO 350
10月26日(金)18:30 長岡@cafe granpa



「プレゼンなんてできない!!」なんて尻込みしてるアナタ!


今夜の『悠久の詩壇』で、プレゼンのゆるさを感じてみてください


10/10(水)20:37より⇒http://s2tream.tv/program/yukyu_shidan/332.html

2012年10月 9日 (火)

「一週一読」コーナー内包のUstream番組『悠久の詩壇』、始動!

お待たせいたしました!


延期されていたUstream番組『悠久の詩壇』


ついに始まります!!


http://s2tream.tv/program/yukyu_shidan/332.html


明日、10月10日(水)20:37 配信開始!


え?なんでこんな中途半端な時間??


そんなん、わかりません!!




http://s2tream.tv/program/yukyu_shidan/332.html




でも、でも、


文学好きも、大喜利好きも、


わいわい楽しめる知的エンタテインメント番組を目指しています。


ご期待ください!




http://s2tream.tv/program/yukyu_shidan/332.html





ちなみに、ブログ『一週一読』の内容をそのままUst内でやっちゃいます!


まさにブクブク交換のプレゼンと同じ形式です。

Img_2018

わたしも楽しみだー

2012年8月 3日 (金)

ブクブク交換〜話し方スペシャル企画〜(7月23日開催)

東京カルチャーカルチャーでのブクブク交換〜話し方スペシャル企画〜にご参加くださったみなさま
ありがとうございました!!

今回のテーマは
「夏」「伝える」「本屋さん」。

ゲストの西任暁子さんのお話に、みなさん真剣に耳を傾けプレゼンに活かされていました。


今回並んだ本は
チグサのブクブク本棚』に納めました。

ぜひ、ご覧ください。

2012年7月24日 (火)

ブクブク交換@八重洲ブックセンター(7月20日開催)

八重洲ブックセンターでのブクブク交換にご参加くださったみなさま
ありがとうございました!!

今回のテーマは
「夏」「東京」「ビジネス書」。

わたしは
続・星守る犬」と「「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書) 」を持参しました。

初参加の方や、テリーさん主催のブクブクは初体験という方も、
今回は大勢いらっしゃいました。

今回並んだ本は
チグサのブクブク本棚』に納めました。

ぜひ、ご覧ください。


みなさま、おつかれさまでした!!!

2012年6月23日 (土)

本日配信【Ustream】日本百科全書〜「75年前の百科事典」を読む〜

百科事典の魅力とおもしろさを伝える番組を配信します。
日本百科全書〜「75年前の百科事典」を読む〜 http://s2tream.tv/

Img100zenl_3


今から75年前の1937(昭和12)年に刊行された『国民百科大辞典』(冨山房)をメインに紹介。
時代性を感じるユーモラスな項目などを取り上げ、75年前の「最新の知見」と現在との違い、
同時代のほかの百科事典との比較などを通じて、視聴者を「事典ワールド」へと誘います。

また、古今東西のさまざまな事典(辞典)が登場する「おもしろ辞典紹介」コーナーも予定。
「百科事典」という知の世界の魅力やおもしろさをトーク・ショー形式で紹介いたします。

出演は、
博物月報主宰者で「75年前の百科事典まとめ」管理人の盛田真史
不忍ブックストリーム」の中の人・スズキタケミツ
ブクブク交換読書ガール・イシトヤチグサ
デザイナーで下町ストリームスタッフの伊藤壮
の各氏。

番組では、今後も百科事典をテーマにして、定期的な発信を予定。

三浦しをんさんの『舟を編む』がベストセラーになったように、
事典(辞典)的なものへの関心が高まっている昨今、
百科事典に代表されるような、事典(辞典)の魅力やおもしろさを発信してまいります。

<関連サイト>
「75年前の百科事典まとめ」 http://togetter.com/li/304254
盛田氏の祖父が所有していた『國民百科大辞典』(冨山房・昭和12年刊行)。今から75年前の百科事典の気になったところをメモ的なまとめ。


<関連書籍>
親子で楽しむ! 歴史体験ミュージアム 首都圏近郊版
著者:盛田真史 

むかしの建物や街並みを再現したり、生活ぶりを体験できる“体験型展示”博物館が各地に出来ている。原始から昭和時代まで東京はじめ首都圏中心に、親子で歴史を体験できる博物館のみどころを豊富なカラー写真とともに徹底ガイドする。千葉県立房総のむら、浦安市郷土博物館、鉄道博物館、埼玉県立さきたま史跡の博物館、台東区立下町風俗資料館、小平ふるさと村、長野県立歴史館など約60館を掲載。

ぜひ、ご覧ください!


2012年6月21日 (木)

【取材】雑誌「ダ・ヴィンチ」8月6日号

本日は、雑誌「ダ・ヴィンチ」さんの取材でゴールデン街に行ってまいりました。


ブクブク交換・主宰のテリー植田さんをはじめ、5人のひっそりブクブク交換。
和気あいあい、やってまいりました。


本日の様子は、「ダ・ヴィンチ」8月6日号に掲載されるとのこと。

詳しく書けるようになったら、またこちらに載せますね。

2012年3月20日 (火)

【緊急告知】チグサ presents ブクブク交換スピンオフ企画 vol.3 @渋谷

久しぶりの渋谷ブクブクです。
渋谷にある素敵Bar『memory motel』で、オススメ本を持ち寄ってわいわい交換しましょ。

「ブクブク交換」については、こちらを参照ください。
http://bukubuku.net/

今回のテーマ:
「別れ」
「桜」
「大切な人に贈りたい本」


小説・漫画・エッセイ・etc…なんでもありです。
テーマに沿ったものが思いつかない方は、「オススメ本」「好きな本」をお持ちください。
1冊でも3冊でも持参ください!観覧だけでもウエルカム。
ぜひ、名刺をお持ちください。
名刺がない方は、手書きのネームカードでもOK。


時間:15:00開始(14:45開場)
場所:memory motel(渋谷パルコ至近)
http://memomo.jp/

参加費:2000円(ドリンクチケット2枚付き)
参加者:イシトヤチグサ(ブクブク交換・読書ガール)


参加希望の方は、右欄のメールフォームにてメッセージ or Twitterにてリプライでご連絡ください。
twitter:@IshitoyaChigusa

少人数で開催予定です。
ご興味ある方は、お気軽にご参加ください。
お問い合わせもお気軽にどうぞ!


当日、場所がわからないなどのご連絡は、memory motelまでご連絡ください。

開場詳細:memory motel
150-0042
東京都渋谷区宇田川町 3-12 Mono step II 5F
tel:03-6416-3928
mail:onop☆memomo.jp(☆を@に変えてください)
twitter:@memomojp

2012年2月16日 (木)

レポTVのこと

毎週火曜日22時。
北尾トロさんの事務所にわたしはいます。

レポTV 北尾トロアワー』の生配信・収録のサポートスタッフです。

北尾トロさん×えのきどいちろうさん。
お二人の話に毎回聴き入ってしまう、貴重な時間。
いい感じで肩の力が抜けてる、ステキな大人の話が聞けます。

今週、えのきどさんが体調不良でお休みされたため
わたしことイシトヤチグサと
北尾トロ事務所の紅一点・木村カナさん
二人でオープニングトークをつとめました。

そして、その後
トロさんのひとり語りの時間です。

入念に資料を用意し、「今日はひとりでやるよ」と決意のこもった声できっぱりと言い切るトロさん。
「今日はすごい回になりそう…」と感じたとおり
とてもレアで、それ以上にとても熱く、揺さぶられる回になりました。
昨年、わたしもブクブク交換で参加させていただいた
本の町プロジェクト」について、トロさんの想いが溢れる放送です。

トロさんのひとり語りは、実に1時間を超す、視聴者への長い手紙になりました。
そして、Ustreamを視聴している方々は、ほぼ最初から最後まで変わらぬ人数のまま
その手紙を受け取ってくださいました。

配信していて、こんなにも胸が熱くなったのは初めてです。
定点カメラだけの画像と、ただひたすら語るトロさん。
それを見守ってくださる、素敵な視聴者。
「エラーで配信がストップしませんように」と強く強く、願いました。

「本の町をつくりたい」という想い。
名物おやじになりたいのではなく、その本の町に遊びに行きたいからつくりたかった。
たくさんの人を引きつける力が、本にはある。

多くの人に、トロさんからの手紙を受け取ってほしい。
Ustreamのアーカイブだけでなく、Podcastでも聞くことができます。
本を愛するすべての方に、聞いていただけたらうれしいです。

Psvbuawhps170x17075_2

Ustreamアーカイブ
http://www.ustream.tv/recorded/20439587
Podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id425324265

高遠・本の町をつくる会 公式サイト
高遠でのブクブク交換 2011年8月


来週21日には、いとうせいこうさんがゲストとして出演してくださいます。
21日(火)22時からは、ぜひ「レポTV」をご覧ください。

レポTV 北尾トロアワー

Mediums2_240_7093426_36420234513147

2012年2月 9日 (木)

ブクブク交換 祝・2周年

本日、2月9日はブックの日。

このたび、ブクブク交換は2周年を迎えました!

まだ2周年?
もう2周年?

2010年2月3日、テリー植田さんの発案で立ち上がったブクブク交換。
あっという間に、全国に、世界に、広がっていきました。

本を通じて、人とも繋がる。
自分の好きな本を、いろんな人に読んでほしい。
自分の知らない本に、出会いたい。
本好きの人と仲良くなりたい。
本を通じて、友だちを作りたい。

そんなことが全部、ブクブク交換なら叶います。
本好きじゃなくても、ほかの人のプレゼンを聞いていると
「読みたい!!」と思ったり
「この人と話したい」と思ったり。

今回は、だいたひかるさんをゲストに迎えて
・人生をかえた作家
・カバーをかけずには読めない本
・勇気をくれる本
というテーマで交換でした。

わたしの持参した本は
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫)/北尾トロ 著
41ytg3nsanl

エロ語呂世界史年号 (エロ語呂暗記法)/江口五郎 著
51uod2bfafbl

思い出が真夜中にふってきたら (ハルキ文庫)/俣野温子 著
41kgmaz1epl

の3冊です。


「カバーをかけずには読めない本」では、
レシピ本あり、えっちな本あり、過激な表紙絵の本あり
多種多様な思いが語られて、個人的に一番おもしろかったです。

本棚に、本日のラインナップを登録しましたので
気になる本をメモできなかった方は、ぜひご覧ください。


今月は、都内だけでもブクブク交換の予定が目白押し!
実に楽しみです。

ますますおもしろくなりそうなブクブク交換。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

«「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」/フィリップ・K・ディック 著、 浅倉久志 訳

フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク